今週も、雨の後は強い寒波が襲来する見込み。22日(水)は西日本を中心に、23日(木・勤労感謝の日)は東〜北日本で雨。この雨の後は真冬並みの寒気が流れ込んで、北日本では再び大雪となるおそれも。

今週も 雨のあとは寒気

今週は、22日(水)は低気圧や前線が西日本に接近。23日(木・勤労感謝の日)は低気圧や前線が東〜北日本を通過するでしょう。24日(金)は冬型の気圧配置になり、再び強い寒気が流れ込んできそうです。週末にかけて北日本では雪の量が多くなるおそれがあります。
【北海道〜北陸】
北陸から北の日本海側は、この先一週間も雪や雨の日が多くなりそうです。20日(月)も北海道や東北の日本海側は断続的に雪、北陸は雨や雪でしょう。東北や北陸は一時的に降り方が強まる見込みです。東北では太平洋側にも雪雲が流れ込むでしょう。21日(火)になると、はじめ雪や雨の所も次第に天気が回復して、22日(水)にかけて晴れ間の出る所が多くなりそうです。日本海側では久々の日差しにホッとできそうです。ただ、それも束の間で、23日(木)は再び各地で雨。所々で降り方が強まるでしょう。そして24日(金)になると再び強い寒気が流入し、日本海側は雪や雨に。19日(日)は新潟や富山、金沢から初雪の便りが届くなど、北陸の平地でもみぞれとなりましたが、24日(金)は真冬並みの寒気は北日本が中心となるため、雪の降る範囲は北陸の山沿いや東北や北海道となりそうです。大雪となるおそれもありますのでご注意下さい。その後週末にかけて、日本海側では雪や雨が降りやすいでしょう。
【関東〜九州】
広い範囲で天気が崩れるのは、22日(水)、23日(木)です。22日(水)は西から雨が降り出し、九州〜東海で雨、23日(木)は東海や関東で雨でしょう。雨の降り方は比較的本降りで、大きめの傘が活躍しそうです。24日(金)、25日(土)は晴れる所が多いですが、山陰など日本海側では雨で、山では雪のまじる所もあるでしょう。

冬のような寒さに

今週最も寒いのは、20日(月)。図を見ると濃い青色の表示の所が多く、最高気温は平年より5度以上低い予想。札幌0度、東京10度、大阪、福岡11度の予想で、年末年始頃の寒さになりそうです。その後も平年より寒い日が多くなり、北ほど平年を大きく下回る見込み。しっかり寒さ対策をしてお過ごし下さい。