きょう25日は、梅雨前線の活動が活発になり、九州北部を中心に猛烈な雨の降った所があります。夜にかけて日本海側を中心に激しい雨や雷雨の所がありそうです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒をしてください。

長崎県では記録的な雨に

画像A

きょう25日は、梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になっています。今朝は、長崎県を中心に活発な雨雲がかかり、また佐世保市付近では1時間に120ミリ以上の雨が降り、五島市付近などで約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。また佐世保市では3時間降水量が180ミリを超えて、観測史上1位の値を更新しました。あす26日午前6時までの24時間に予想される降水量は多い所で、佐賀県150ミリ、長崎県で200ミリとなっています。一気に雨量が増えて土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などの危険があります。最新の情報を確認して、安全な行動をとるようにしてください。

活発な雨雲次々と

画像B

活発な雨雲は次第に中国地方や北陸にも流れ込み、夜にかけて激しい雨や雷雨の所があるでしょう。また東海から関東周辺にかけても所々に発達した雨雲がかかっています。日中は次第に雨はやみますが、すっきりしない梅雨空が続きそうです。東北や北海道も昼頃から次第に広い範囲で雨が降るでしょう。

西日本や東日本ではムシムシ 北日本は肌寒い

画像C

きのう24日は九州から北陸、東北の日本海側を中心に暑さが厳しく、大分県の日田市では35.4度まで上がり、猛暑日となりました。きょう25日は厳しい暑さはおさまり、最高気温は平年並みか低い所が多いでしょう。ただ、西日本を中心に30度前後まで上がる所もあり、湿度も高くなりそうです。かなり蒸し暑く感じられますので、外出の際は風通しの良い服装でお出かけください。東北や北海道は20度前後までしか上がらず、肌寒く感じられそうです。上着を羽織ってお出かけください。