関東地方は火曜も朝は冷え込みが強烈で、日中は年末のような寒さが続きそう。日差しはあっても午前中を中心に北風が強めに吹くため、寒さ対策は万全に。水曜も11月とは思えない寒さが続きます。

月曜は真冬並みの寒さも

20日の関東地方は朝の冷え込みが強く、宇都宮や水戸では今季初めて気温が氷点下に。都心の最低気温は3度6分と今季初めて3度台まで下がり、通勤時は手袋が欲しいくらいでした。日中も気温はあまり上がらず、最高気温は今季一番低い所が多くなりました。都心は10度4分と年の瀬の寒さ。熊谷は9度までしか上がらず、真冬並みの寒さでした。

火曜は北風冷たい

21日(火)も気温は大きく変わりません。21日(火)朝の最低気温は、20日(月)と同じくらいか、1〜2度高い程度で、都心など南部は5度くらい、北部は1度から2度くらいと、霜が降りたり氷が張ったりするほど冷え込むでしょう。日中の最高気温は10度から12度くらいで、こちらも20日(月)より若干高い程度。年末のような寒さが続きそうです。日差しは届きますが、午前中を中心に北よりの風が強めに吹くため、体感的には一桁の気温です。ダウンコートなど風を防げる素材のコートがよさそうです。

水曜は曇り空で寒い

22日(水)は、朝は晴れる所が多く、強い冷え込みが続きます。日中は次第に曇り空に変わるため、気温自体が上がっても、日差しの暖かさはありません。昼間も冬物のコートが欠かせないでしょう。

もう暖かくならないの?

23日(木)は関東付近を低気圧が通過し、広く雨が降るでしょう。南からやや暖かい空気が入るため、朝の冷え込みは緩みそうです。日中の気温も17度くらいと高くなりますが、低気圧が今の予想より南側、関東の南海上を通ると暖気が入りにくく、現段階の予想ほど気温が上がらない可能性もあります。この雨の後は、今回ほど強い寒気は入りませんので、24日(金)、25日(土)はこの時期らしい陽気が戻りそうです。