きょう20日、北陸から山陰など日本海側には活発な雨雲や雪雲がかかっています。鳥取では18時12分に直径8ミリの「ひょう」が降りました。

きょう20日、 日本海中部を寒気を伴った低気圧が東に進み、日本海沿岸に近づいています。北陸から山陰など日本海側には活発な雨雲や雪雲がかかっています。鳥取では18時12分に直径8ミリの「ひょう」が観測されました。
18時現在、東北から山陰では日本海側を中心に広く雷注意報が発表されています。このあと、寒気を伴った低気圧は東北地方に接近し、通過する見込みです。あす21日の明け方にかけて大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。風が強まり、ふぶく所もあるでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにも注意が必要です。