きょう26日は、九州から関東にかけて大気の状態が不安定。今朝、雨の降っていない所でも、日中は急な激しい雨や雷雨に要注意。

九州北部は朝まで滝のような雨 日中は雨の範囲が東へ

きょうも、日本付近には雨雲の元となる暖かく湿った空気が流れ込んでいます。未明には福岡県内や鹿児島県内で、1時間30ミリ以上の激しい雨の降った所があり、午前6時現在、九州や中国地方の所々で雨脚が強まっています。今後、雨雲の発達しやすいエリアは、次第に東へ移るでしょう。
九州と中国地方は昼前まで雨や雷雨。特に九州北部では午前9時頃まで滝のような非常に激しい雨の降る所があるでしょう。午後には雨がやむ見込みです。ただ、九州北部を中心に、これまでの大雨で地盤の緩んでいる所があり、雨がやんでもしばらくは土砂災害の危険の高い状態が続きそうです。また、川や用水路は、今後、上流や周辺からの雨水が流れ込んでさらに水かさが増し、流れが速くなるおそれがありますので、むやみに近づかないでください。
四国や近畿、東海、北陸、関東にかけては、昼頃から大気の状態が不安定になります。雲の間から日が差したり、急に強い雨が降り出したりと、変わりやすい天気です。道路が冠水するような、激しい雨の降る所もあるでしょう。また、落雷や突風が発生しやすい状況です。急に冷たい風が吹く、雷鳴が聴こえてくる、といった、天気急変のサインに気を配ってください。
東北と北海道も広く雨で、日本海側を中心に、一時的に雨脚の強まる所もありそうです。

体にこたえる暑さ

画像B

日中の気温は、きのうと同じか高い所が多く、関東から西は広い範囲で30度前後まで上がるでしょう。時間を決めてこまめに水分を摂るなど、熱中症対策を万全に。室内でも体調を崩す危険性がありますので、適切にエアコンや扇風機を使って、無理のないようにお過ごしください。北陸や東北南部も、25度を超える所が多いでしょう。東北北部は20度〜23度くらい、北海道は18度前後の所が多く、こちらは少しヒンヤリしそうです。