きょうは冬のような天気が続きます。寒気の影響で北日本と北陸は雪や雨でしょう。一方、関東から九州は乾燥した晴天です。あすは北日本を低気圧や前線が通過します。南風が吹き、寒さの和らぐ所が多いでしょう。

きょうの天気

きょうは北海道や東北、北陸は冬型が続き、寒気の影響を受けるでしょう。一方、関東から九州は高気圧に覆われます。沖縄は湿った空気が流れ込むでしょう。
<各地の詳しい天気>
沖縄は雲に覆われ、夜は雨の所があるでしょう。東風がやや強くなりそうです。九州から関東にかけては、一日晴天の続く所が多いでしょう。乾いた空気に覆われて、洗濯日和になりそうです。風も穏やかで、日差しが心地よく感じられそうです。お出かけするにも良いでしょう。北陸三県は昼頃まで、新潟は日中いっぱい雨か雪で、カミナリを伴う所がありそうです。東北は、日本海側は雪や雨で、カミナリが鳴る所もあるでしょう。風がやや強いため、ふぶく所もありそうです。太平洋側は雲が多めで、昼前までは雪か雨の降る所がある見込みです。北海道は、日本海側では昼過ぎにかけて雪が降るでしょう。太平洋側は大体晴れますが、次第に西風が強まる見込みです。北陸以北の日本海側は、大雨や大雪、強風、高波に注意して下さい。一方、関東から九州は乾燥していますので火の元にはご注意ください。

きょうの最高気温

最高気温は、ほぼ全国的に12月から1月上旬並みの予想です。那覇は23度で、きのうより2度高く、平年並みの予想です。鹿児島15度、福岡と高知は14度、広島13度、松江と大阪、名古屋は12度、東京15度の予想です。九州から関東は12月上旬から中旬並みの寒さでしょう。ただ、風の冷たさはなさそうです。金沢10度、新潟8度は12月中旬並み、仙台6度、青森2度は1月上旬並み、札幌は-1度は1月下旬並みの予想です。北陸や東北、北海道は風がやや強いため、実際の気温以上に寒く感じられるでしょう。防寒対策は万全にお出かけください。

予想天気図
予想天気図

あすの天気

あすの日曜日は北日本を低気圧や前線が通過するでしょう。西日本には高気圧の縁から湿った空気が流れ込む見込みです。暖かい空気が流れ込むため、全国的にきょうより気温が上昇するでしょう。
<各地の詳しい天気>
沖縄は昼過ぎから雨で、カミナリを伴い激しく降る所がありますのでご注意下さい。九州や四国、中国地方は雲が多くなり、日中は雨の降る所があるでしょう。近畿や東海は雲が多くなりますが、天気の崩れはなさそうです。関東は雲が多くなりますが、晴れ間は出るでしょう。ただ、沿岸部は風がやや強くなりそうです。北陸は初めは晴れますが、次第に雲が多くなり、夕方以降は雨や雷雨でしょう。東北や北海道の日本海側は雨や雪で、カミナリを伴う見込みです。東北の太平洋側は日中は晴れて、暖かくなりますが、夜は雲が多くなり、雨か雪の降る所がありそうです。北海道の太平洋側は朝までは雪や雨が降りますが、日中は次第に晴れてくるでしょう。沖縄や北陸、東北、北海道は風が強めに吹きそうです。また、低気圧や前線に向かって南風が入るため、きょうより気温が高くなるでしょう。北日本でも雪ではなく、雨になる所があります。湿った雪が降る所もあるため着雪に注意して下さい。また、短い時間に降る強い雨や落雷、突風にもご注意下さい。