メイン画像

梅雨前線が西日本付近に停滞して、前線の活動の活発な状態が続いています。四国地方では引き続き、あさって9日にかけて大雨となる恐れがあります。これまでの大雨で既に地盤が緩んでおり、土砂災害の危険度が非常に高くなっている所があります。土砂災害に厳重に警戒してください。

瀬戸内側(愛媛県)を中心に土砂災害に厳重に警戒

画像A

四国地方では降り続く大雨で地盤が緩んでおり、土砂災害の危険度が高まっている地域があります。7日11時20分現在、愛媛県で土砂災害警戒情報を発表している市町があり、土砂災害危険度分布の色が濃い紫色の「極めて危険」になっている所があります。この後、7日夜遅くにかけて、愛媛県を中心に土砂災害に厳重な警戒が必要です。

今後の見通し

画像B

この後、7日午後は、一旦雨の降り方が弱まる予想ですが、今夜からあす8日朝にかけては再び発達した雨雲がかかる恐れがあります。

今後予想される降水量(24時間・48時間)

画像C

あす8日12時までに予想される24時間降水量は多い所で、瀬戸内側で120ミリ、太平洋側で250ミリとなっています。
その後も梅雨前線は9日頃にかけて西日本付近に停滞し、前線活動の活発な状態が続く予想となっています。9日12時までに予想される48時間降水量は多い所で、瀬戸内側で150〜200ミリ、太平洋側で300〜400ミリとなっており、引き続き9日にかけて大雨となるおそれがあります。
四国地方ではこれまでの断続的な大雨により、土砂災害の危険度の高い状態が続いています。このため、わずかな降水量でも災害が発生する恐れがあり、同じ場所で雨雲が予想より発達した場合には、さらに危険度が高まります。
tenki.jpや気象庁のホームページなどで最新の気象情報をチェックするとともに、今いる場所の災害発生の危険度を気象庁HP等の「危険度分布」で確認してください。