寒波が17日(日)に再び襲来。日本海側は広く雪で、北陸から北では雪や風が強まって荒れた天気になるおそれがあります。

あすの天気

本州付近は高気圧に覆われて、日中は穏やかに晴れる所が多い見込みです。沖縄は昼前から晴れるでしょう。九州、中国、四国は、日中は日差しがありますが、夜は雨の降る所がありそうです。近畿や東海、関東も、日中は大体晴れるでしょう。北陸3県も晴れますが、朝のうちは雲が多く、はじめ雪や雨の降る所がありそうです。新潟や東北日本海側は雲が広がりやすく、昼頃まで所々で雪や雨。東北太平洋側では日差しがあるでしょう。北海道は、日本海側を中心に朝にかけて所々で雪となりそうです。そのほかは、昼頃は日差しがあるでしょう。
あす(15日)の日中は北陸から北の雪もやむ所が多いので、これまで降り積もった雪を片付けるのに良さそうです。ただ、除雪作業や雪おろしでの事故が毎年後を絶ちません。一人ではなく二人以上で声を掛け合って、安全第一に行って下さい。

あさって以降の週間天気

あさって16日(土)は、前線を伴った低気圧が日本海を進み、北日本から西日本の広い範囲で雨や雪が降るでしょう。低気圧に向かって比較的暖かい空気が流れ込むため、雪ではなく雨の降る所が多くなりそうです。雪のエリアは、本州の山沿いと北海道が中心になるでしょう。17日(日)になると、再び寒波がやってきます。冬型の気圧配置が強まり、日本海側は広く雪でしょう。風も強まって、北陸から北では荒れた天気になる所もありそうです。日曜日のお出かけは、天気予報をしっかり確認しておきましょう。ただ、冬型は早くも18日(月)には緩んで、今回ほど寒波の影響は長引かない見込みです。