活発な梅雨前線に伴う雨雲は、今夜(8日)再び太平洋側の地域を中心にかかる予想です。あさって(10日)にかけては特に、九州南部、四国、東海などで雨量がさらに増える見通しです。

今夜から 太平洋側中心にさらに雨量が増える

画像A

梅雨前線と暖かく湿った空気の影響で、今夜から再び発達した雨雲が西日本から東日本の太平洋側の地域を中心にかかる予想です。あす(9日)にかけては、九州から東北地方の広い範囲で局地的にカミナリを伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。
あす12時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、東海で200ミリ、九州南部で180ミリ、四国、近畿で150ミリ、関東甲信で100ミリ、九州北部で80ミリ、北陸、東北で50ミリとなっています。

画像B

梅雨前線は、あさって(10日)ごろにかけても本州付近に停滞する予想となっています。九州南部、四国、東海などで雨量がさらに増える見通しです。
あさって12時までの48時間に降る雨の量をみると、九州南部で300〜400ミリ、四国で200〜400ミリ、東海で200〜300ミリ、九州北部、近畿、関東甲信で150〜250ミリ、北陸、東北で50〜100ミリと予想されています。

降り続く雨 土砂災害や河川の増水・氾濫に厳重に警戒を

画像C

西日本や東日本では、これまでの大雨で土砂災害や洪水の危険度が高い状態が続いています。土砂災害の危険度は、大雨特別警報が出された岐阜県や長野県のほか、静岡県や奈良県の一部でも「極めて危険」な状態となっています。また、そのほかの地域でも警戒レベルとなっている所が多くあり、引き続き警戒が必要です。このあとも最新の情報を得るとともに、自治体からの避難の情報にもご注意ください。