16日、関東甲信越や東北で寒さ少し緩む。そのほかは寒さ続く。17日、再び寒気。全国で一段と寒さ厳しく。

16日 日本海側は雪か雨 太平洋側も雨具必要??

きょう(16日:土曜)は全国的に雲の広がりやすい天気でしょう。日本海側だけでなく、太平洋側でも一時的に雨か雪の降る所がある見込みです。寒さは関東甲信越や東北で緩むでしょう。東京都心では最高気温がきのう(15日:金曜)より5度高い13度の予想です。
【きょう(16日:土曜)の気圧配置】
日本付近に3つの低気圧が発生しています。①四国沖や東海道沖を東へ進む低気圧。②関東沖を北東へ進む低気圧。③日本海北部から津軽海峡付近を東進する低気圧。日中はこれらの影響を受ける見込みです。夜には、それぞれの低気圧は日本の東へ。日本付近は西高東低の冬型の気圧配置になるでしょう。
【きょう(16日:土曜)の全国の詳しい天気】
沖縄は本島や先島諸島は曇り空で昼過ぎから所々で雨が降るでしょう。九州南部は雲が多く、一時的に雨の降る所がある見込みです。九州北部も雲に覆われ、夜は雨か雪が降るでしょう。局地的にカミナリを伴う見込みです。四国は曇り空で、所々でにわか雨やにわか雪となるでしょう。山陽は日差しが出ますが、昼過ぎから一時的に雪か雨の所がありそうです。山陰は雪か雨が降ったり止んだりで、夜は局地的にカミナリを伴うでしょう。近畿や東海は朝晩は雨や雪の降る所がありますが、日中は曇り空で経過する見込みです。北陸3県と新潟県は日中は雨や雷雨で、夜は雪に変わる所があるでしょう。関東甲信は午前は日差しが出ますが、昼過ぎから雲が増えるでしょう。関東の沿岸部は一部で雨が降り、長野では夕方以降、北部を中心に雪が降る見込みです。東北の日本海側は雨か雪が降るでしょう。東北の太平洋側は日差しが出るのは昼頃までで、夜は雪か雨の降る所がありそうです。北海道は昼頃まで雪や雨の降る所が多いですが、昼過ぎにはやんで、太平洋側やオホーツク海側では日差しも出てくるでしょう。
※日本海側では日中は雪ではなく雨の所もありそうです。ここ数日で一気に積雪が増えた地域では路面状況の変化にご注意下さい。
【きょう(16日:土曜)の全国の最高気温】
沖縄や九州南部から東海にかけてはきのう(15日:金曜)とほぼ同じか低くなる予想です。寒さが続くでしょう。沖縄は20度を少し超えるくらいの予想です。九州から東海は11度前後の予想ですが、山陰や北陸では10度に届かない見込みです。関東甲信越はきのう(15日:金曜)より高くなり、寒さが少し和らぎそうです。関東は13度前後、甲信越は10度前後でしょう。東北も幾分、寒さは和らぎ、東北南部は10度くらいまで上がる所がありそうです。東北北部は5度くらいでしょう。北海道は南西部や東部の太平洋側は3度前後ですが、北部と東部のオホーツク海側は0度前後の予想です。
※なお、あす(17日:日曜)は寒気が再び流れ込み、全国的に厳しい寒さとなるでしょう。年末の忙しい時期ですが、寒さで体調を崩さないようにお気を付けください。