きょう(17日)は寒波襲来。日本海側は広く雪で、大雪となる所も。特に北陸では猛吹雪に警戒が必要です。全国的に真冬のような寒さとなりますので、お出かけの際はしっかり防寒対策を。

冬将軍が襲来

きょう(17日)は、日本付近は強い冬型の気圧配置。平地で雪を降らせる寒気が本州をすっぽり覆います。これまで積雪量が平年を上回っている所がほとんどですが、きょうの雪でさらに積雪が増えそうです。北陸や長野県北部ではあす(18日)午前6時までに(多い所で)50センチ近く雪が降る可能性があります。
北陸から北の日本海側は断続的に雪が降り、ふぶく所もあるでしょう。特に北陸では雪や風が強まり、猛ふぶきになる所もありそうです。瞬間的には、何かにつかまらないと立っていられないくらいの強い風が吹くでしょう。見通しが悪くなり、交通機関に影響が出るおそれもあります。お出かけの際は予め交通情報をチェックして、無理のない行動を心がけで下さい。近畿北部や山陰も雪が降ったりやんだりでしょう。九州北部は曇り空で、午前中は所々で雪となりそうです。太平洋側は広く晴れますが、一部に雪雲や雨雲が流れ込む可能性があります。山沿いでは雪の積もる所もあるでしょう。

真冬の寒さ 北風ビュー

最高気温は全国的にきのうより低く、真冬並みです。北海道は氷点下の所が多く、昼間も凍える寒さでしょう。東北や北陸は5度を下回る見込みです。関東は10度に届くか届かないかで、東海から九州は5度〜8度くらいの予想です。全国的に北よりの風が強めに吹いて、この気温よりも寒く感じられそうです。しっかり着込んでお出かけ下さい。