あす23日と24日は、気温がこの時期としては高くなる。ただ、クリスマスは急に冷たい風が強まり、26日にかけて全国で厳しい寒さに。日本海側は大雪や猛吹雪の恐れも。

あすの天気 日差しポカポカ 大掃除に適

あすも日本付近は高気圧に覆われます。ほぼ全国で晴れる見込みです。気温は、この時期としては高く、風も穏やかで過ごしやすいでしょう。
【各地の天気】
北海道と東北北部は、朝までは日本海側を中心に雨や雪の所がありますが、昼頃から晴れてきます。日中の気温は、北海道は5度前後と寒さが和らぎ、東北北部は7度〜10度くらいまで上がるでしょう。
東北南部と北陸は、午前中は所々で雨や雪が降るでしょう。午後は晴れそうです。最高気温は10度〜13度くらいと、この時期としては高い予想です。
関東から九州にかけて、広く晴れるでしょう。朝は霜が降りたり氷が張る冷え込みですが、昼間は13度〜15度くらいまで上がる見込みです。
沖縄も日差しがたっぷりでしょう。ときおり雲が広がりますが、天気の崩れはない見込みです。最高気温は23度前後の所が多く、石垣島は25度と夏日の予想です。

あさって以降の天気

【24日(日)】は低気圧や前線が日本付近を通過。ただ、日中は、傘の必要な所は少ない見込みです。南寄りの風が吹くので、気温は平年より高めで、それほど寒くないでしょう。
北海道と東北は、朝晩は雪や雨の所が多いですが、日中は天気の崩れはほとんどなさそうです。関東も日中は雨の心配はないでしょう。日付の替わる頃に南部を中心に雨が降ります。北陸と東海、近畿も、広く雨が降るのは夜になってからです。中国と四国、九州は、早い所では昼前後から雨となってしまいますが、降り方は弱いでしょう。全域で本降りの雨となるのは夕方から夜にかけてです。
【25日(月)】は次第に冬型の気圧配置になり、北から強烈な寒気が流れ込みます。北海道は日本海側を中心に雪で、ふぶくでしょう。東北は、午前中は雨の所が多いですが、午後は雪に変わります。北陸から山陰は、日中は雨。夜は次第に雪になるでしょう。関東から西の太平洋側や九州は晴れますが、季節風が強まり、夜は朝よりかなり寒くなります。仕事帰りにイルミネーションを楽しむ方、着膨れ覚悟で万全の防寒を心がけましょう。
【26日(火)】も強い寒気が居座ります。日本海側は雪やふぶきで、特に北海道と東北は猛吹雪の所もありそうです。晴れる太平洋側も風の冷たさが身に染みるでしょう。【27日(水)・28日(木)】も、全国の厳しい寒さと日本海側の雪が続きます。年越しに向け、移動が多くなる時期に、大雪やふぶきの影響が大きくなる恐れがあります。気象情報、交通情報を十分確認し、計画に少し余裕を持たせると良さそうです。