25日の北海道付近は、急速に発達する低気圧の影響で大荒れの天気となる恐れがあります。24日はまだいくらか天気は持ちそうです。屋外でのイベントに参加する予定のある方は24日の方がまだ良さそうです。

24日、クリスマスイブの北海道付近は、関東沖に中心を持つ高気圧に緩やかに覆われる見込みです。
上空の寒気も弱まり、夜には11月上旬並みのこの時期としては暖かい空気が流れ込むでしょう。
このため最高気温は道南や道央で5度前後、道東や道北でも2度位まで上がります。
11月下旬から12月上旬並みと、ひと月くらい前の気温で、夜も厳しい冷え込みはありません。
日中は雲が広がる程度で、道東を中心に晴れ間や日差しがあります。
しかし、次第に朝鮮半島付近の低気圧が急速に発達しながら北海道に近づきます。
天気は下り坂となり、函館では昼過ぎから、室蘭も夕方には雨か雪が降り出すでしょう。
札幌も夜には雨や湿った雪、夜遅くには旭川や稚内、網走、釧路でも湿った雪となりそうです。
ただいずれも降る雪や雨の量は少なく、屋外でのイベントも楽しめそうです。

北海道 クリスマスは大荒れの天気へ。

25日クリスマスはさらに天気は悪化し、北海道付近は大荒れの天気となる恐れがあります。
低気圧が急速に発達しながら北海道に近づき、更に日中日本海付近を通過します。
道内は低気圧が通過する前は暖気が入るため雨が主体の天気となります。
しかし低気圧が通過した後は寒気が流れ込み気温が急激に下がり、雪に変わるでしょう。
いずれも急激に強まる風を伴うため、日中は暴風雨に、夜は暴風雪となる恐れがあります。
交通関係へも影響があるかもしれません。
気象台などから発表される注意報や警報、気象情報などの防災気象情報に留意が必要となります。