25日は二つの低気圧が列島を挟むように進み26日に北海道の北で急発達。中心気圧948hPaまで下がる予想。

猛烈な風の吹く所あり さらに雪を伴う

今夜(24日:日曜)からあす(25日:月曜)は、2つの低気圧が日本海と本州の南を、まるで日本列島を挟み込むように、急速に発達しながら北東へ進むでしょう。そして、あさって(26日:火曜)には北海道の北で一つになり、さらに発達する見込みです。中心気圧は948ヘクトパスカルまで下がる予想です。
通常の乾いた道路でも暴風が吹き荒れる時は運転が危険ですが、今回は暴風に雪を伴うため、かなり見通しが悪くなりそうです。前を走る車との車間距離がわからなくなったり、方向感覚さえもわからなくなったりするような、いわゆるホワイトアウトの恐れがあります。また、道路が積雪していたり、凍結していたりすることもあるため、危険度が増します。年末で移動の多い時期ですが、無理のないように気をつけてお過ごし下さい。
【低気圧はどう動く??発達のピークは??】
今夜(24日:日曜)の21時に、①日本海に低気圧、②四国沖に前線を伴った低気圧。①②ともに北東へ。
あす(25日:月曜)の9時には、①日本海の低気圧は北海道の西へ、②前線を伴った低気圧は三陸沖へ。
あさって(26日:火曜)の9時には、二つの低気圧が発達しながら北海道の北で一つにまとまる。
※発達のピークはあさって(26日:火曜)の9時の見通しで、中心気圧は948hPaまで下がる予想。
【いつ、どの地域で、どんな状況に??】
あす(25日:月曜)は全国的に風が強く吹く。
あす(25日:月曜)は北海道から山陰にかけての日本海側の各地は昼前までは雨、その後は次第に雪に。
あさって(26日:火曜)は北海道から東北までの日本海側は猛吹雪や大雪。北陸や山陰も雪が続く。
【警戒・注意すべきことは??】
あす(25日:月曜)は年末の挨拶まわりなどで、屋外の移動が多い方、強風に注意。
あす(25日:月曜)は雨で一旦とけた雪が再び冷えて凍り、路面がでこぼこになることも。運転注意。
あさって(26日:火曜)は北海道の日本海側と東北の日本海側は猛吹雪や地吹雪の恐れ。なるべく外出を控えた方が安心。もし車で外出する際は車間距離を広くとり、慎重に運転を。ホワイトアウトに遭遇した際の備えも万全に。
※急発達する低気圧は北海道の北で動きが遅くなるため、荒天の影響が長引く恐れがあります。交通機関への影響も心配されます。こまめに最新の情報でご確認下さい。

25日、いったん緩む寒さが不気味 その後、冬将軍のしわざ

荒天には警戒、注意が必要ですが、他にも注意が必要なのが寒さです。
あす(25日:月曜)の昼間、全国的に南よりの風にのって、比較的暖かな空気が流れ込むため、いったん、寒さの緩む所が多いでしょう。北海道の日本海側も雪ではなく最初は雨で降ってくる見込みです。
ですが、あさって(26日:火曜)に、北海道や東北北部は一気に寒くなり、かなり体にこたえるでしょう。そして、東北南部や関東以西も27日(水曜)頃には寒さが厳しくなりそうです。体調を崩さないようにご注意下さい。