13日(月)夜からあす14日(火)にかけて、活発な梅雨前線が九州を次第に南下するため、一時非常に激しい雨が降り、再び大雨になるおそれがあります。九州は、今月3日からの記録的な豪雨により、土砂災害や河川の氾濫が起こりやすくなっています。特に、今夜からあす14日(火)にかけて再び雨脚が強まり、災害の危険度が高くなりますので、雨の降り方に厳重に警戒して下さい。

梅雨前線は対馬海峡

画像A

きょう13日(月)は、梅雨前線が対馬海峡付近まで北上しています。九州北部地方は湿った空気の流れ込みで、雨が降っている所が多くなっています。
午前10時現在、九州北部地方は1時間に数ミリ程度の弱い雨の所が多いですが、長崎県対馬地方の周辺はやや発達した雨雲が見られます。
きょうの日中も、九州北部地方は雨が降ったりやんだりのぐずついた天気でしょう。

13日(月)夜から14日(火)、再び非常に激しい雨のおそれ

今夜は低気圧が日本海西部へ進み、活発な梅雨前線が対馬海峡から九州北部地方へ南下する見込みです。このため、九州北部地方は今夜からあす14日(火)朝にかけて、活発な雨雲がかかり一時滝のような非常に激しい雨が降るおそれがあります。
あす14日(火)日中は、梅雨前線は次第に九州北部から南部へ下がり、九州南部でもあすは昼過ぎにかけて非常に激しい雨が降る所があるでしょう。
あさって15日明け方までの48時間に予想される雨量は、九州北部地方の多い所で200ミリから300ミリ、九州南部の多い所で100ミリから300ミリの見込みです。
線状降水帯が発生すれば、数時間で予想雨量を超えて、状況が急激に悪化するおそれもあります。
特に、九州北部地方は雨が強まる時間が、夜間になりますので、山沿いや川沿いなど災害の危険が高い地域にお住まいの方は明るいうちに安全な場所に避難をして、夜を過ごすようにしましょう。