梅雨前線は、あす木曜日にかけて南へ離れた後、再び北上。土日は雨の範囲が九州から関東まで広がり、雨脚の強まる所もある見込み。

あす16日(木) 晴れ間あり でも急な雨には気を付けて

画像A

あす16日(木)は、梅雨前線は南へ離れます。
東北や北陸は、午前中は低気圧が通過するので広く雨。午後には雨がやむでしょう。
北海道や、関東から西の地域は雲の間から日の差すことがありそうです。ただ、上空の寒気などの影響で大気の状態はやや不安定。所々で雨雲が湧きますので、空模様の変化に気を配ってください。

あさって以降 土日は雨雲が広がる

画像B

17日(金)は、梅雨前線がやや北上。関東以西の太平洋側は、沿岸部を中心に雨の降る所があるでしょう。18日(土)から19日(日)は、日本海側も含めた広い範囲で雨となりそうです。雨脚の強まる所もあり、再び大雨となるおそれがあります。その先、夏空をもたらす「太平洋高気圧」の力が強まり、梅雨前線は次第に不明瞭になりそうです。福岡をはじめ、西日本では晴れる所もあり、このタイミングで梅雨明けとなる可能性もあります。