あす(3日)にかけて冬型の気圧配置が強まり、北陸から北海道は引き続き大雪や吹雪に注意が必要です。5日(金)は広く天気が崩れ、関東の平地でも雪となる可能性があります。

あすの天気

あす(3日)は冬型の気圧配置が強まる見込みです。北陸から北海道にかけては雪や風が強く、荒れた天気になるおそれも。山沿いを中心に大雪となり、吹雪く所もありそうです。交通に影響が出ることも考えられますので、Uターンの際は時間に余裕を持った行動を心がけましょう。
【各地の天気】
北海道は広く雪で、吹雪く所もあるでしょう。東北は日本海側を中心に雪が降り、所々で降り方が強まったり、吹雪いて見通しが悪くなるおそれがあります。北陸も断続的に雪や雨が降り、山沿いなどで強く降る所があるでしょう。近畿北部と山陰も雪や雨となる見込みです。本州の太平洋側と九州は晴れますが、雪雲や雨雲の流れ込む所がありそうです。あすも全国的に風が強く、日差しが届く所も風の冷たさを感じるでしょう。

あさって以降の週間天気

あさって4日(木)は、次第に冬型の気圧配置が緩む見込みです。日本海側の雪は弱まってくるでしょう。強い風もおさまってきそうです。ただ、ホッとできるのも束の間。5日(金)は本州の南の海上を低気圧や前線が進み、西から天気が下り坂に。九州から近畿は雨の降る所が多く、山沿いは雪となるでしょう。東海や関東も天気の崩れる所が多く、降り始めは雨でも、気温が下がる夕方以降は平地でも雪になりそうです。先日12月31日の東京の初雪は降る量はそれほどではありませんでしたが、今回はまとまって降る可能性があります。ただ、低気圧が通るタイミングやコース、発達の度合いによって雪になるか雨になるか、また降り方も変わってきます。引き続き、最新の天気予報をご確認下さい。