きょう17日は梅雨前線がきのうよりも少し北上。東海と関東甲信は午前を中心に広く雨で、激しく降る所もある見込み。晴れ間のある近畿から九州も、局地的に雨雲が湧く。

各地の天気

画像A

きょうは、梅雨前線が本州の南岸に沿うように延びるでしょう。前線の影響を最も受けやすいのは、東海と関東甲信です。
【各地の天気(西から)】
沖縄は、南からの湿った空気の影響で雨が降ったりやんだりで、雷雨になる所もあるでしょう。
九州南部は、朝のうちは曇りや雨でも昼頃から晴れてきそうです。
九州北部と中国、四国は昼過ぎまでおおむね晴れ。夕方以降は雲に覆われ、所々で雨。ザッと強く降るおそれもあります。
近畿も日差しがありますが、午前、午後ともに所々で雨雲が湧くでしょう。空模様の急な変化にお気を付けください。
東海と関東甲信は昼前まで広い範囲で雨。特に、静岡と千葉では、道路が川のようになるほど激しく降る所がありそうです。午後は、まとまった雨雲が離れますが、大気の状態は不安定。あちらこちらで、新たな雨雲が湧いてきますので、雨がいったんやんでも、傘を持ち歩いた方が良さそうです。
北陸と東北南部も雲が多く、所々で雨。特に雨の降りやすい時間帯は、朝のうちと、午後3時頃からです。
東北北部と北海道はおおむね晴れるでしょう。

予想最高気温

沖縄や九州から近畿、北陸は広く28度前後の予想で、30度以上の真夏日の所もあるでしょう。熱中症対策が欠かせません。大雨による被害のあった地域では、復旧作業にあたる方が多いと思いますが、暑さで体調を崩さないよう、時間を決めて休憩をとるようにしてください。東海と関東は、きのうより5度くらい低くなる所が多く、特に関東は空気がヒンヤリと感じられそうです。東北は、南部は23度前後、北部は広く25度を超えて30度くらいの所もあるでしょう。北海道も、日本海側を中心に25度以上の所が多くなりそうです。