週末は山陽を中心に晴れる時間があるくらいで、全般に雲が広がりやすいでしょう。
日曜日は雨の降るところがありますが、天気の大きな崩れはない見込みです。
土曜日はこの時期にしては気温が低く、過ごしやすい方ですが、日曜日は次第に蒸し暑くなる見込みです。

土曜日(18日) 午前中を中心に梅雨の晴れ間

画像A

西日本から東日本の南岸沿いには、梅雨前線が停滞する見込みです。
西日本の南では梅雨前線の活動が弱まるため、午前中は山陽を中心に晴れ間の広がるところが多いでしょう。
午後は梅雨前線がゆっくりと北上するため、次第に雲が広がりやすくなる見込みです。
しかし、雨の降るところは少なく、洗濯にはまずまずの天気になるでしょう。
山陽では最高気温が30度に達するところもありますが、極端な蒸し暑さはない見込みです。山陰は日本海からの風が吹くため、比較的過ごしやすいでしょう。

日曜日(19日) 次第に蒸し暑く 熱中症に要注意

画像B

太平洋高気圧が徐々に西日本付近に張り出し、梅雨前線はゆっくりと北上する見込みです。
中国地方には梅雨前線付近の湿った空気が流れ込むため、全般に雲が広がりやすくなるでしょう。一時的に雨の降るところもありますが、天気の大きな崩れはない見込みです。
次第に蒸し暑くなるため、災害の復旧活動に携わる方や避難場所などでは、こまめに水分を補給したり、適度に休息をとるなど、熱中症には十分ご注意ください。