きょう18日は、東海や関東南部に発達した雨雲があり、静岡県では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降った所も。神奈川県横浜市も1時間に20ミリ以上の強い雨を観測しました。雨のピークは昼頃までとなりそうです。

滝のように「非常に激しい雨」の降った所も

きょう18日は、梅雨前線が本州南岸に停滞し、前線上の低気圧が東へ進んでいます。このため、東海や北陸、関東甲信の所々に雨雲がかかり、雨脚が強まっています。静岡県南伊豆町の石廊崎では1時間に51.5ミリ、東伊豆町の稲取や東京都の伊豆大島では1時間に50.5ミリと、非常に激しい雨が降りました。また、岐阜県や神奈川県にも発達した雨雲があり、神奈川県横浜市では1時間に24.0ミリと、どしゃ降りの雨となりました。

大雨警報も

画像B

午前10時4分現在、東海や北陸、関東南部には大雨警報や大雨注意報の発表されている市町村があります。特に静岡県や東京都の大島の一部には「土砂災害警戒情報」が発表されており、降り続く大雨により地盤の緩んでいる所があります。自治体からの情報をこまめに入手して、少しでも安全な場所への速やかな避難を心がけてください。

雨のピークは昼頃まで

画像C

昼頃にかけては静岡県や関東南部を中心に発達した雨雲がかかりやすいでしょう。本降りの雨が続き、道路が川のようになるほど激しい雨の降る所もありそうです。道路の冠水などに注意が必要です。