きょう18日は、日差しが届いた所では暑くなり、東北や北海道でも気温が30℃を超えた所がありました。一方、東京都心や仙台市など曇りや雨の所は25℃に届きませんでした。

晴れた所は30℃前後

きょう18日は、日差しが届いた九州から東海と、東北から北海道の日本海側で暑くなりました。午後3時までの最高気温は、京都市や奈良市で31.3℃と、ともに1週間ぶりに、高松市では31.2℃と、約3週間ぶりに30℃以上の真夏日となりました。東北や北海道でも30℃を超えた所があり、秋田市は30.5℃と今年2度目の真夏日に、北海道の旭川市は30.9℃と、今年初めて真夏日になりました。午後3時までに30℃以上となったのは全国にあるアメダス921地点のうち、163地点にのぼりました。真夏日地点数が160以上となるのは、6月26日以来約3週間ぶりです。

曇りや雨の所は25℃に届かず

一方、関東や東北から北海道の太平洋側は、曇りや雨で、25℃に届かない所が多くなりました。午後3時までの最高気温は、東京都心は21.4℃と5日連続で、仙台市は22.3℃と1週間連続で25℃未満に。北海道の釧路市は19.0℃と1週間連続で20℃に届きませんでした。