この先も梅雨前線が本州付近に停滞。4連休は曇りや雨の所が多く、西日本では金曜日から土曜日頃は大雨のおそれがあります。

あす 大気の状態が不安定 局地的に激しい雨も

画像A

あす22日(水)は本州付近を前線が南下。九州から北海道の広い範囲で雨が降るでしょう。前線周辺では雨雲が発達して、あちらこちらで激しい雨が降りそうです。
朝にかけて雨脚が強まるのは、東海や北陸、東北と北海道。午後は、九州北部や関東周辺でも発達した雨雲がかかるでしょう。局地的には1時間に30ミリ以上の激しい雨が降りそうです。アッという間に道路が川のようになるくらいの雨の降り方です。低い土地の浸水にも注意して下さい。

来週にかけても梅雨前線が停滞

23日(木)海の日以降も梅雨前線は本州付近に停滞する予想です。4連休を中心に曇りや雨の所が多く、梅雨空が続くでしょう。前線の活動が活発になり、西日本では24日(金)スポーツの日から25日(土)にかけては大雨になるおそれもあります。
梅雨前線は同じような場所に停滞するわけではなく、本州の南まで下がる日もあれば、東北付近まで北上する日も。いずれにしても、九州から東北では平年よりも遅い梅雨明けになるでしょう。

画像C