昨日(12日)は、道南で記録的な大雪となり、夕方以降は札幌でも一気に20cm近くの雪が降って、道路わきの雪山も大きくなりました。この週末はセンター試験ですが、受験生の方は時間に余裕を持った行動と万全な寒さ対策が必要です。

明日にかけて厳しい寒さが続く

今日(13日)の北海道付近は冬型の気圧配置で、日本海側では雪が降りやすくなります。明日(14日)になると次第に高気圧に覆われるので、午後には晴れ間の出る地域が多くなりそうです。ただ、今夜から明日の朝にかけては札幌を含む石狩湾周辺で、一時的に雪の降り方が強まるおそれがあり、雪の降り方に注意が必要です。また、明日にかけて上空には寒気が居座ります。最高気温は道南方面で0度くらいのほかは、氷点下3度前後と厳しい寒さが続く見込みです。受験生の方は暖かい服装はもちろん、暖かい飲み物やカイロなど寒さ対策を万全にして、頑張ってきてください!