きょう(16日)の九州は昼過ぎまでおおむね晴れて、最高気温は18度前後まで上がった所が多く、3月中旬から4月並みの陽気となりました。宮崎市は21.0度まで上がり、4月中旬並みでした。この季節はずれの暖かさは、天気が崩れる前ぶれです。

きょう(16日)は季節はずれの暖かさ

きょう(16日)は本州の南海上の高気圧に覆われ、九州は昼過ぎまで各地とも大体晴れました。日差しに恵まれ、暖かな南風が吹いたため、九州は多くの所で今年に入ってから最も気温が高くなり、18度前後まで上がった所が多くなりました。各地の最高気温は宮崎県宮崎市21.0度(4月中旬並み)、熊本県水俣市20.9度(4月中旬並み)、鹿児島市喜入20.9度(4月上旬並み)まで上がるなど、3月中旬から4月並みの陽気でした。きょうの九州は一足早く春の暖かさが訪れました。

これからあす(17日)朝にかけて、やや荒れた天気

今夜は低気圧が前線を伴い九州北部付近を東へ進むため、九州は南寄りのち北寄りの風が強まり、沿岸や海上を中心にやや荒れた天気になるでしょう。船舶などは強風や高波に注意が必要です。今夜からあす(17日)朝は南から暖かく湿った空気が流れ込むため、雷を伴い激しい雨が降る所がある見込みです。横殴りの雨で、傘を差しても足元がぬれることもあるでしょう。
あす(17日)日中は低気圧や前線が九州から次第に離れるため、午後には各地とも雨はやみ、九州南部の太平洋側から晴れてくる見込みです。