メイン画像

29日(水)にかけて梅雨前線の活動が活発になる見込みです。特に、前線付近の新潟県下越を中心に活発な雨雲が次々と流れ込み、災害級の大雨となる恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

新潟県では記録的な大雨の可能性も

画像A

あす28日(火)は、梅雨前線上の低気圧が日本海を東に進み、北陸地方に近づく見込みです。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。前線付近の新潟県下越を中心に、同じような場所に活発な雨雲がかかり続け、記録的な大雨となる可能性があります。気象情報や自治体から発表される防災情報をこまめに確認し、周辺の状況の変化にも注意しましょう。

北陸地方で予想される24時間降水量

画像B

今夜からあす28日(火)夕方にかけての降水量は、多いところで50〜180ミリの予想です。梅雨前線は日本海から東北南部に停滞するため、前線に近い新潟県で特に降水量が多くなる見込みです。また、雨雲が西から東へ移動するため、富山県東部や石川県加賀でも山に雨雲がぶつかり、降水量が多くなるでしょう。その後、29日(水)夕方にかけて、さらに多いところで50〜200ミリの降水量が予想されています。