週明け22日(月)は広い範囲で天気が崩れ、関東で雪の可能性も。その後は数年に一度あるかないかレベルの強烈な寒気が本州付近に流れ込みます。

あすの天気

あす20日(土)は本州付近は引き続き高気圧に覆われて広く晴れますが、日本海から気圧の谷が近づく見込みです。北陸から北海道にかけての日本海側では雪や雨が降るでしょう。
【各地の天気】
沖縄は雲が多く、明け方まで雨でしょう。九州から東海は、おおむね晴れる見込みです。関東は、東の海上に小さな低気圧が発生する影響で雲が広がりやすいでしょう。北陸から北海道にかけての日本海側は、天気下り坂。はじめ日差しがありますが、だんだん雲が広がり、夕方以降は雪や雨が降るでしょう。東北と北海道の太平洋側は日中は晴れますが、夜は一時的に雪の降る所がありそうです。

あさって以降の週間天気

【21日(日)】広く晴れますが、引き続き北陸から北海道にかけての日本海側は雪や雨でしょう。北海道では雪や風が強まる可能性がありますので、車の運転は慎重に行って下さい。
【22日(月)】本州の南岸を進む低気圧の影響で、全国的に天気が崩れる見込みです。九州から東海は雨、関東は雪や雨、北陸は雪、東北は太平洋側も含め雪、北海道は日本海側を中心に雪でしょう。さて、ここで気になるのが関東の雪。内陸ほど雪となりそうですが、東京でも雪が降る可能性があります。もし雪となったら積もる可能性もあり、雪に慣れていない首都圏では交通に大きな影響が出ることも考えられます。念のため、今のうちに雪になった場合の移動手段や対策なども考えておきましょう。また、低気圧のコースや発達度合い等によっても雨になるか雪になるかが変わってきますので、引き続き最新の情報をご確認下さい。
【23日(火)〜26日(金)】日本付近は冬型の気圧配置となる見込みです。特に24日(水)から26日(金)には本州を中心に数年に一度あるかないかというレベルの強い寒気が流れ込むでしょう。日本海側では大雪となるおそれがあります。また、九州や四国、近畿などの太平洋側でも雪が降る可能性も。普段も雪が降る日本海側のエリアでは大雪への備えを、普段雪があまり降らない太平洋側の平地でも油断をせず雪に備えておきましょう。