28日は、東北地方や北陸、東海、関東甲信で大雨の恐れ。九州北部では、朝にかけて大雨となる所がある。雷を伴って非常に激しい雨や激しい雨も。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要。

きょうの天気 北陸、東北を中心に大雨警戒

画像A

きょう(28日:火曜)は、活発な梅雨前線と前線上の低気圧が通過する影響で、東北から九州北部にかけて雨の所が多い見込みです。秋田県由利本荘市北部付近では、午前5時30分までの1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。このあと、北陸や東北では、あす朝にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。あす(29日:水曜)の朝6時までに予想される降水量は、いずれも多い所で、北陸と東北で200ミリ、東海で150ミリ、関東甲信で100ミリです。北陸では、その後あさって(30日:木曜)の朝6時にかけて、多い所で50ミリから100ミリの雨が予想されています。大雨による土砂災害や低い土地での浸水、河川の増水、氾濫に厳重な警戒が必要です。また、大気の状態が非常に不安定になっているため、カミナリを伴うことがあるでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風に注意なさって下さい。

画像B

きょうの天気 北海道や九州南部から沖縄も不安定

画像C

北海道や九州南部と梅雨が明けている奄美、沖縄は晴れ間がありますが、にわか雨や雷雨の所がありますから、天気の急な変化にお気をつけください。

きょうの気温 蒸し暑さ続く 熱中症に注意・警戒

画像D

きょうは、北海道や東北では25℃に届かない所がありますが、関東から北陸と山陰では28℃前後の所が多く、東海から九州にかけてと沖縄では30℃以上の真夏日になる所が多いでしょう。日中の予想最小湿度は、札幌で55パーセントくらいですが、東北から沖縄にかけての広い範囲では60パーセントから80パーセントと高く、肌にまとわりつくような不快な暑さになる所が多いでしょう。熱中症のリスクが高い一日ですから、こまめな水分補給はもちろん、たくさん汗をかいたら適度に塩分やミネラル分を補給し、休憩もとるなど熱中症の予防に心がけて下さい。