今日(19日)午後2時頃から、東京都内で「天使のはしご」が見られました。

今日(19日)、午後2時頃から東京都内で「天使のはしご」が見られました。 「天使のはしご」とは、雲間から光が漏れて、太陽光線の柱が放射状に地上へ降り注いで見える現象です。「天使のはしご」は大気中に目に見えない細かな水滴が多数浮遊した状態の時に、太陽の光を遮るだけの厚さの雲とその雲に隙間がある場合に起こります。
関東は、このあとも晴れ間は出るものの、雲が広がりやすく、都内以外でも見られるかもしれません。是非、空を見上げてみて下さい。