きょう28日(火)、九州南部が梅雨明けしたとみられると気象台が発表。30日(木)以降は西日本で続々と梅雨明けとなりそうです。関東甲信はまだ梅雨空が続き、梅雨明けはさらに遅れそうです。

九州南部がようやく梅雨明け

今年は梅雨前線が本州付近に停滞しやすい状態が続き、記録的な大雨となったり、梅雨明けが遅れたりしています。きょう28日(火)、気象台から九州南部が梅雨明けしたとみられると発表がありましたが、平年より2週間も遅れての梅雨明けとなりました。
あす29日(水)は梅雨前線が東日本付近を南下する予想です。九州南部に続いて梅雨明けという所はまだなさそうです。九州北部は断続的に雨が降り、中国、四国から東海も所々で雨が降るでしょう。関東甲信も午後を中心に雨や雷雨になりそうです。北陸や東北も雨や雷雨で、朝までは激しく降る所もあるでしょう。すでに大雨となっている所もあり、さらに雨量が増えそうです。土砂災害、河川の増水や氾濫、低い土地の浸水に警戒が必要です。

続々と梅雨明けか

画像B

30日(木)以降は太平洋高気圧が西日本付近まで張り出すでしょう。九州北部や中国、四国は晴れる日が多くなりそうです。8月2日(日)からは太平洋高気圧の張り出しがさらに強まり、近畿や東海も夏空が広がるでしょう。西日本を中心に続々と梅雨明けとなりそうです。強い日差しとともに、最高気温は33度くらいまで上がり、体にこたえる暑さとなるでしょう。猛暑日(最高気温35度以上)となる所もあり、熱中症に警戒が必要です。こまめな水分補給を心掛けて、室内では適切にエアコンを使い無理のないようにお過ごし下さい。

遅れる関東甲信の梅雨明けは?

画像C

関東甲信は3日(月)頃まで湿った空気の影響で、曇りや雨の天気が続くでしょう。まだ梅雨空が続きそうです。晴れ間が広がるようになるのは4日(火)以降となるでしょう。このあたりで、ようやく梅雨明けが見えてきそうで、13年ぶりに梅雨明けが8月にずれ込む予想です。