きょう29日、東北は大雨の峠は越えましたが、最上川中流では氾濫しており、地盤が緩んでいる地域もあります。引き続き警戒が必要です。また、中国地方には活発な雨雲のかかっている所があります。

東北 大雨の峠は越えても引き続き警戒を

画像A

きょう29日、梅雨前線は西日本から関東南岸沿いに南下しています。
東北は大雨の峠を越えて、正午現在も雨は小康状態となっています。ただ、山形県を流れる最上川では氾濫している地域があります。引き続き、河川の増水や氾濫に厳重に警戒して下さい。
また、これまでの記録的な大雨により地盤の緩んでいる所があります。上の図は29日正午の土砂災害の危険度を示したマップです。山形県や宮城県、福島県、新潟県では赤色で示される警戒が必要な地域があります。このあとも危険な斜面には近づかないようにして下さい。

中国地方には局地的に発達した雨雲

画像B

一方で、中国地方には所々に雨雲がかかり、局地的に発達した雨雲が見られます。午前6時15分までの1時間に松江市では43.5ミリのバケツをひっくり返したような激しい雨が降りました。
今夜にかけても九州から北陸、関東甲信では大気の状態が不安定で、所々で雨や雷雨となるでしょう。激しく降ることもありそうです。落雷や突風、急な激しい雨にご注意下さい。道路の冠水などにも注意が必要です。