25日(木)にかけて記録的な寒気がやってきます。寒さや雪にもう飽き飽きした頃ですが、この先はどうなるでしょうか?最新の3か月予報をまとめました。

2月 全国的に厳しい寒さの日が多い

◆ 冬型の気圧配置が強まりやすく、気温は西日本や東日本を中心に平年より低くなる見込みです。前半ほど厳しい寒さになりそうです。日本海側では平年に比べ雪または雨の日が多いでしょう。太平洋側では平年に比べ晴れの日が多く、空気も乾燥します。引き続き、風邪やインフルエンザ対策が欠かせません。
◆沖縄・奄美も、寒気の影響を受けやすく、平年に比べ曇りや雨の日が多いでしょう。

3月 春めいてくるが寒の戻りも

◆北日本は、気温が平年並みか高くなるでしょう。厳しい寒さは緩んできそうです。日本海側では、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多いでしょう。太平洋側では、平年と同様に晴れの日が多い見込みです。
◆東・西日本は、気温は平年並みになり、春めいてくるでしょう。日本海側では、天気は数日の周期で変わりそうです。東日本の太平洋側は、天気は数日の周期で変わり、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。西日本の太平洋側では、天気は数日の周期で変わりますが、低気圧や前線の影響を受けにくく、平年に比べ晴れの日が多いでしょう。
◆沖縄・奄美では、低気圧や前線の影響を受けにくく、平年に比べ曇りや雨の日が少ないでしょう。

4月 春らしい暖かさの日が多く

◆北日本は、気温は引き続き、平年並みか高いでしょう。春らしく、天気は数日の周期で変わる見込みです。太平洋側では平年と同様に晴れの日が多い見込みです。
◆東日本は、気温は平年並みでしょう。天気は数日の周期で変わり、太平洋側では平年と同様に晴れの日が多い見込みです。
◆西日本は、気温は平年並みでしょう。天気は数日の周期で変わりますが、低気圧や前線の影響を受けにくく、平年に比べ晴れの日が多いでしょう。
◆沖縄・奄美では、天気は数日の周期で変わりますが、低気圧や前線の影響を受けにくく、平年に比べ曇りや雨の日が少ないでしょう。
※北日本=北海道・東北・東日本=関東甲信越・東海・北陸、西日本=近畿・中国・四国・九州