7日、台風4号から変わった低気圧や前線の影響で北海道や本州の日本海側で記録的な大雨となっている所があります。さらに北海道では記録的な暴風が吹いている所もあり、大荒れの天気となっています。大雨による土砂災害や暴風に警戒してください。

北海道では大荒れの天気に

7日は、台風4号から変わった低気圧や低気圧から延びる前線の影響で、北海道や本州の日本海側を中心に大雨となっています。北海道の利尻島では今朝、50 年に一度の記録的な大雨となりました。またこれまでの6時間降水量の日最大値は、宗谷岬や稚内で100ミリを超え、観測史上一位の記録を更新しました。さらに北海道の奥尻空港で最大瞬間風速32.4メートル、江差町で最大瞬間風速30.3メートルの暴風となり、奥尻空港では8月の一位の記録を更新するなど、大荒れの天気となっています。北海道では7日昼過ぎにかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降り、局地的に大雨となるおそれがあります。また、夜遅くにかけて非常に強い風が吹いて、大しけとなる所がある見込みです。暴風や高波に警戒してください。

本州の日本海側でも大雨に

前線が延びている本州の日本海側でも大雨となっている所があります。島根県の隠岐の島町の隠岐空港では1時間に63.0ミリの雨が降り、観測史上一位の記録を更新しました。またこれまでの3時間降水量の日最大値は、隠岐の島町で146.0ミリ、隠岐空港で118.5ミリで、観測史上一位の記録を更新し、隠岐の島町の島後(どうご)で50年に一度の記録的な大雨となりました。また東北の日本海側や北陸でも局地的に雨の強まっている所があります。あさって9日にかけて、前線が停滞するため、東北地方を中心に局地的に激しい雨や雷雨となる所がありますので、大雨による土砂災害や河川の増水、氾濫に警戒してください。