冬型強まり、寒気が入る。全国で風が強く、日本海側は再び大雪。関東は昼間は暖かいが夕方以降、一気に寒く。

あさって(13日)にかけて多い所は100センチ超えの降雪か

きょう(11日:日曜)からあさって(13日:火曜)にかけて、日本海側では大雪や吹雪の荒れた天気となるでしょう。先日、記録的な大雪となった北陸地方で、再び雪の降り方が強まり、あさって(13日:火曜)にかけて、多い所で100センチを超える雪の降る恐れもあります。交通機関に影響が出る恐れがあるため、最新の情報をこまめにご確認ください。
【ポイント】
日本海側で大雪の恐れ
全国的に風が強い
関東は昼間は暖かいが夕方以降に一気に寒くなる
【気圧配置】
次第に冬型の気圧配置が強まる。
上空に強い寒気が流れ込む。
【きょう(11日:日曜)の全国の天気】
沖縄は曇り空でしょう。九州北部は夕方以降に雪が降り、カミナリを伴う所がある見込みです。山陰や近畿北部、北陸3県と新潟は初めは雨の所も次第に雪に変わり、局地的に降り方が強まるでしょう。九州南部や四国、山陽は日差しが出ますが、強い風に乗って、一部に雪雲が流れ込む見込みです。近畿中部・南部、東海、関東甲信は朝は所々で雲が広がりますが、日中は大体晴れるでしょう。東北の日本海側は雪が続き、ふぶく所やカミナリを伴う所がある見込です。東北の太平洋側も雲が広がりやすく、所々でにわか雪があるでしょう。北海道は日本海側やオホーツク海側で雪が降るでしょう。北海道の太平洋側も一部で雪が降る見込みです。
【予想される降雪量や風の強さ】
あす(12日:月曜)の午前6時までの24時間降雪量(いずれも多い所で)
北陸60センチ
東北50センチ
北海道と近畿40センチ
中国地方35センチ
東海30センチ
関東甲信、四国、九州北部20センチ
さらに、あす(12日:月曜)の午前6時からあさって(13日:火曜)の午前6時までの24時間降雪量(いずれも多い所で)
北陸60から80センチ
東北50から70センチ
東海40から60センチ
近畿30から50センチ
あす(12日:月曜)にかけて予想される最大瞬間風速は
北陸30メートル(何かにつかまらないと立っていられないほど)
【きょう(11日:日曜)の全国の最高気温】
沖縄は17度くらいでしょう。九州から東海は6度前後で、北または西寄りの風が強まるため、体感温度は実際の気温よりもさらに低くなりそうです。関東(山梨含む)は13度前後まで上がり、3月中旬から下旬並みの暖かさでしょう。東京都心は14度の予想です。東北は4度前後の所が多いですが、太平洋側の一部で10度くらいまで上がる見込みです。北海道は0度前後でしょう。札幌は氷点下1度で真冬日になりそうです。
☆なお、関東は昼間は暖かいですが、夕方以降は一気に気温が下がり、北または西寄りの風も強まって寒くなるでしょう。寒暖の差がかなり大きくなりそうです。服装選びにお気を付け下さい。