きょうはお盆の入り。お盆期間中はあすから15日(土)にかけて再び猛暑日にせまる暑さに。お墓参りだけでなく、室内でも熱中症に警戒が必要です。

14日(金) 猛暑日にせまる暑さ 夜間も下がらず

画像A

14日(金)は太平洋高気圧に覆われ、日本海には前線がのびてくる見込みです。前線に向かって湿った空気が流れ込むため、北陸地方は午前中を中心に雲が広がりやすく、新潟県の下越北部や佐渡では昼前からにわか雨があるでしょう。
前線に向かって南から暖かい空気も流れ込むため、各地で暑さが厳しくなりそうです。北陸地方は再び気温35度以上の猛暑日にせまる暑さ、晴れて強い日差しが加わると猛暑日になることも予想されます。お墓参りは強い日差しと暑さを避けて朝夕に、虫よけ対策も忘れずにお出かけください。
また、夜間も気温はほとんど下がらず、各地で最低気温が25度以上の熱帯夜となりそうです。寝る前に水分補給をするなど、夜間の熱中症にも十分注意してください。

土日は前線ゆっくり南下 新潟を中心に雨も

画像B

15日(土)は前線が日本海をゆっくり南下してくる見込みです。北陸地方は雲が広がりやすく、前線に近い新潟県の中下越や佐渡、石川県能登を中心に雨の降る所があるでしょう。前線から離れた福井県や石川県、富山県では晴れ間も出て、引き続き気温が上がりそうです。猛暑日にせまる暑さの所もあるでしょう。
16日(日)は前線や湿った空気の影響で、北陸地方は雲の多い天気で、午前中を中心に所々でにわか雨がありそうです。お墓参りなどは最新の雨雲の予報を参考に、お出かけください。
今年はお盆期間中だけでなく、お盆明けにかけても厳しい残暑が予想されます。連日の暑さで疲れが溜まることで、熱中症のリスクはさらに高まります。昼間だけでなく夜間も含めて適切にエアコンや扇風機を使うなど、少しでも体への負担を軽減する工夫をしてお過ごしください。