この先一週間も、気温が平年より低い日が多く、まだまだダウンコートなど厚手の上着が活躍しそうです。ただ、冬型の気圧配置は、長続きしなくなります。

あすの天気

前線を伴った低気圧が本州の南を通過します。ただ、陸地から離れて進むので、影響はほとんどない見込みです。
【各地の天気】
沖縄は、雲が多めながら、ときおり日が差すでしょう。
九州は、南部は前線の雲に覆われて、朝晩を中心に雨が降ります。北部は大体晴れるでしょう。
中国と四国、近畿と東海にかけても、おおむね晴れる見込みです。
関東は、朝までは雲が多く、千葉県の一部で弱〜〜い雨が降る可能性があります。日中は各地で晴れる見込みです。
北陸と東北の日本海側は、気圧の谷の影響で所々で雪や雨ですが、降る時間は短く、朝晩が中心です。東北の太平洋側はおおむね晴れそうです。
北海道は、日本海側は雪が降ったり止んだりでしょう。ただ、大雪にはならない見込みです。太平洋側とオホーツク海側は大体晴れるでしょう。
【気温】
朝の気温は全国的に今朝とあまり変わりません。
日中の気温は…
沖縄は日差しと南風の影響でこの時期としては高く、25度くらいまで上がるでしょう。
そのほかは平年並みか低い見込みです。九州と四国は13度前後、中国地方から関東は10度〜12度くらい、北陸と東北南部は3度〜6度前後、東北北部は0度前後、北海道は広く氷点下でしょう。

あさって以降の天気

あさって以降も、気温は平年より低い日が多く、後半ほど寒さが厳しくなります。ただ、冬型の気圧配置が極端に強まったり、長く続くことはないでしょう。
日本海側は、この冬、度々例年にないような大雪に見舞われ、車や電車の立ち往生、家屋の倒壊など、被害が相次ぎました。この先一週間は雪の日が減って、これまでのようなドカ雪もなさそうです。
春が近づいて、冬型の気圧配置が続かなくなると、その隙を縫って本州の南を低気圧や前線が通過。太平洋側の広範囲で天気が崩れることがあります。『23日頃と26日頃』は、その可能性があります。現時点で『曇りまたは晴れマーク』でも、雨または雪になることも考えられます。今後の情報にご注意ください。