東北地方では、23日今夜〜26日月曜日にかけて前線や低気圧の影響で雪の降るタイミングが3回あります。最新の気象情報、交通情報はこまめに確認しましょう。

【1】きょう23日 日本海側や北部を中心に荒天

前線を伴った低気圧が、発達しながら日本海を北東へ進み、前線が北日本を通過する予想です。このため、東北地方では、前線が通過する23日今夜から、日本海側北部を中心に大気の状態が不安定になるでしょう。局地的に雷を伴って雪の降り方が強まり、風も強まりそうです。降る時間は短い予想ですが、路面状態の急変などに注意が必要です。夜間、車で移動される方はご注意ください。なお、太平洋側南部では雪は降っても積もることはなさそうです。

【2】あす24日 北部では雪かき2度必要?

前線の通過後、24日土曜日の午前中は、一旦雪は止むところが多くなる見込みです。ただ、日本海に新たに低気圧が発生し東北地方の北部を通過する予想です。午後は、北部を中心に再び雪の降るところが多くなるでしょう。秋田内陸、岩手内陸などでは局地的に雪の降り方が強まり、降雪量が増えそうです。24日は、雪かきが2度必要になるところがありそうです。

23日9時発表 24日9時の予想天気図
23日9時発表 24日9時の予想天気図

【3】25日夜から 太平洋側南部を中心に積雪

低気圧が本州の南海上を進む予想です。東北南部では、25日日曜日の夜から26日月曜日の朝にかけて雪が降りやすいでしょう。渋滞しがちな月曜日の朝ですので、いつもより少し早めに起床して通勤通学の時間に余裕を持つようにしましょう。
低気圧が本州から少し離れたところを進むため、雪雲は北部までは広がらない見込みです。ただ、低気圧の進路や発達状況によっては予報が変わる可能性があります。最新の気象情報はtenki.jpでこまめにご確認ください。

23日9時発表 25日9時の予想天気図
23日9時発表 25日9時の予想天気図