メイン画像

あす21日(金)の北陸地方は高気圧に覆われて、おおむね晴れる見込みです。22日(土)から23日(日)は雲が多く、雨が降りやすいでしょう。気温は22日(土)にかけては各地で30℃以上となりそうです。

あす21日(金)も晴れて気温が上昇 熱中症に警戒

画像A

きょうの北陸地方は太平洋高気圧に覆われて気温が上がり、猛暑日となった地点がありました。あす21日(金)も引き続き高気圧に覆われて、おおむね晴れる見込みです。洗濯物もよく乾くでしょう。ただ、午後は大気の状態が不安定となるため、新潟県中越など山沿いの一部では、にわか雨の所もありそうですのでご注意ください。
あすも気温が上がり、福井では猛暑日となりそうです。その他も、30℃以上の真夏日となる所が多いでしょう。外出される際には帽子や日傘を活用し、涼しい服装を心がけてください。

土日の天気 雲が多く、雨の降る時間帯も

画像B

22日(土)から23日(日)にかけて、太平洋高気圧の勢力が一時的に弱まる見込みです。北陸地方は気圧の谷や湿った空気の影響を受けるでしょう。
22日(土)は、晴れますが次第に雲が広がり、富山県、石川県、福井県では昼過ぎから雨が降りだす見込みです。新潟県は晴れのち曇りですが、上越や中越では夕方から雨の降る所もありそうです。外出される際には傘をお持ちください。
23日(日)は、はじめ雨が降りますが、雨は昼前から次第に止んで、晴れ間も出るでしょう。

土日の気温 暑さは続くが日曜は30℃を下回る所も

22日(土)の最高気温は32℃前後の真夏日となりそうです。23日(日)になると、新潟と富山では30℃を下回りますが、金沢や福井は真夏日が続くでしょう。また、朝の最低気温は24℃前後で、寝苦しさも続きそうです。外出の際や室内でも、水分補給を心がけたり、汗をかいたら塩分補給をするなど、熱中症対策をなさってください。