関東地方は25日(日)夕方から26日(月)昼頃にかけて所々で雪や雨。都心周辺など平野部でも26日(月)明け方から朝は雪になる可能性があります。降り方は弱いでしょう。

南岸低気圧の影響は

時として関東地方に大雪をもたらす「南岸低気圧」。この冬も度々関東付近を通って雪を降らせています。25日(日)から26日(月)に予想される南岸低気圧は、陸地から離れた所を通る予想に変わってきました。大雪にはならないものの、関東付近で風がぶつかりあうため、雪や雨の降る所があるでしょう。

いつ、どこで降る?

あす25日(日)、早い所では夕方から雪が降りだしますが、東よりの風がぶつかる山沿い(丹沢〜多摩〜秩父周辺)が中心です。夜遅くなるほど雪や雨のエリアが広がるでしょう。26日(月)に日付が替わる頃からは南部の平野部でも雨が降り、都心周辺でも朝にかけて雪になる時間がありそうです。今のところ降る量は少ないため、交通機関に大きな影響はない見込みです。昼頃には雪や雨のやむ所が多いでしょう。

雨だとしても風が強く寒い

ただ、沿岸部を中心に北よりの風が強まります。朝の通勤・通学の時間は雪や雨がナナメに降って、体が濡れやすくなりそうです。また、傘を持つ手がかじかむ寒さとなりますので、体を冷やさないよう、お気をつけください。
なお、降る雪や雨の量は少しずつ変わっていますので、最新の情報を確認してください。