26日、強い台風8号は更に発達しながら九州の西の海上を北へ。台風に向かうように南から暖かく湿った空気。沖縄や九州、四国で雨雲が発達し、局地的には滝のような雨。西日本を中心に多くの所で猛暑が続く。

台風8号の進路

強い台風8号は、きょう26日午前6時現在、東シナ海にあり、北北西へ進んでいます。中心気圧は955hPa、中心付近の最大風速は40m/sです。今後、東シナ海から黄海へと進みながら非常に強い勢力まで発達する見込みです。あす27日は黄海を北上し、28日午前3時には中国東北区へ進んで温帯低気圧に変わるでしょう。

各地の天気

画像B

台風8号に向かうように、南から暖かく湿った空気が続々と流れ込み、今朝は沖縄や九州、四国の所々で雨雲が発達しています。大分県をはじめ九州の南東側の地域で雨が強まり、1時間に30ミリ以上の激しい雨の降った所もあります。このあとも湿った空気の流入が続くでしょう。局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、道路が一気に冠水したり、低い土地が浸水する危険性があります。
【各地の天気】
沖縄は、午前9時頃までが雨のピークで、非常に激しく降る所があるでしょう。雨は昼過ぎにかけても続きそうです。
九州は、雨の時間が長いのは、鹿児島県と宮崎県、大分県。強弱を繰り返しながら雨が降り、カミナリを伴って激しく降る所がありそうです。九州のそのほかの各地は日が差しますが、所々で雨や雷雨があるでしょう。また、北部の海上では、うねりを伴った高い波に警戒が必要です。
四国は、太平洋側を中心に、ときおりザッと雨が降るでしょう。同じような所に、発達した雨雲が繰り返しかかるおそれもあります。特に、夜になると雨が強まり、局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。
中国地方は一日を通して晴れる見込みです。
近畿と東海、関東にかけても、おおむね晴れ。ただ、夕方以降は、太平洋側の沿岸部を中心にザッと雨の降る所もありそうです。
北陸と東北と北海道は広く晴れるでしょう。

猛烈な暑さ 日本海側を中心に体温を超える所も

画像C

台風に比較的近い西日本を中心に、広い範囲で南よりの風が吹き、気温がグングン上昇。最高気温は、全国的にきのうと同じかやや高くなるでしょう。
九州から関東、北陸にかけて35度前後の予想。フェーン現象の影響が加わる日本海側では、体温を超える所もありそうです。
東北も30度を超え、内陸では35度以上の猛暑日になる所もあるでしょう。北海道も30度〜33度くらいの所が多く、暑さが厳しくなりそうです。
きょうも、熱中症対策を万全にしてお過ごしください。