非常に強い台風10号は、あさって6日(日)には沖縄に最も接近する見込み。その後、7日(月)にかけて特別警報級の勢力を維持したまま、奄美地方から九州に接近または上陸の恐れ。大雨や暴風、高波、高潮に厳重な警戒を。

台風10号 猛烈な勢力に発達

画像A

非常に強い台風10号は、あす5日(土)には猛烈な勢力に発達し、北上するでしょう。6日(日)までには、特別警報級(中心気圧930ヘクトパスカル以下、最大風速50メートル以上)の勢力に発達して沖縄地方と奄美地方に接近する見込みです。その後も勢力を維持したまま北上を続け、7日(月)にかけて九州に接近または上陸する恐れがあります。

6日(日)は警報級の暴風や高波の恐れ

画像B

台風10号の接近に伴い、6日(日)には、沖縄や奄美地方は暴風となる見込みです。予想される最大瞬間風速は、沖縄本島中南部で35メートルから45メートル、本島北部で40メートルから60メートル、大東島地方と奄美地方で70メートルから85メートルです。
最大瞬間風速40メートル以上の風とは、看板が落下し、走行中のトラックが横転する恐れがあり、屋外での行動が極めて危険なほどの猛烈な風です。屋内でも窓から離れるなど、暴風に厳重な警戒が必要です。
また、波の高さはうねりを伴い9メートルと、猛烈なしけが予想されています。

台風から離れた地域でも油断は禁物

画像C

台風の進路から離れた四国や近畿、東海でも、台風周辺の湿った空気が流れ込むため、7日(月)にかけて局地的に大雨となる恐れがあります。6日(日)正午から7日(月)正午にかけての予想降水量は、いずれも多い所で、四国300ミリから400ミリ、近畿と東海は200ミリから300ミリの見込みです。大雨による河川の増水・氾濫、低い土地の浸水、土砂災害に注意、警戒して下さい。
また、本州の太平洋側では、台風によって発生した高波がうねりとなって伝わるため、広い範囲で大しけとなる恐れがあります。
最新の台風情報を確認し、飛ばされやすいものはしっかりと固定して屋内にしまう、排水溝は掃除して水はけを良くしておく、非常用品を確認するなど、いざという時の備えをするようにしてください。
*一部内容を更新しました。(18時現在)