6日(日)午前9時、大型で非常に強い台風10号が奄美の南東海上を北上しており、奄美地方が暴風域に入っています。九州南部から九州北部も次第に風が強まり、今夜は九州南部や九州北部の一部が暴風域に入る見込みです。非常に強い勢力で奄美から九州付近を北上するため、甚大な災害が発生するおそれがあります。風雨が強まる前に早めに安全な場所へ移動しておきましょう。

台風10号の動向

画像A

大型で非常に強い台風10号は、奄美の南東海上を北上しており、奄美地方が風速25メートル以上の暴風域に入っています。
予報円の中心を通れば、九州のすぐ西海上を北上し、6日(日)夜は九州南部へ、7日(月)は速度を上げながら九州北部へ最接近する見込みです。
台風10号は九州を覆ってしまう程の広い暴風域を伴っており、非常に強い勢力を保ったまま九州へ接近する見込みです。中心気圧は、奄美付近で925hPa、九州のすぐ西海上では935hPa〜945hPaとかなり低い気圧で近づきそうです。

暴風域に入る時間帯

6日午前9時現在、奄美地方の広い範囲が風速25メートル以上の暴風域に入っています。まもなく、種子島・屋久島地方が入り、鹿児島県本土や宮崎県も今夜初め頃に、九州北部も早い所は今夜遅くから暴風域に入る見込みです。
予想される最大瞬間風速は、6日(日)は奄美地方で70メートル、6日(日)〜7日(月)は鹿児島県(奄美をのぞく)で65メートル、宮崎県40メートル、7日(月)は九州北部45メートル〜60メートルと、猛烈な風が吹くおそれがあります。
暴風域に入ると、物が飛ばされやすくなり飛来物によって負傷したり、転倒や立っていられない状況になるなど、屋外での行動が大変危険になります。また、最大瞬間風速が60メートル以上の風が吹くと、一部の住宅が倒壊したり、車の横転、電柱の倒壊、倒木などが起こるおそれがあります。さらに長時間の停電やガラス窓の破損なども予想されます。
まだ暴風域に入っていない地域では、家の周りの飛ばされやすいものを固定したり、室内に入れておきましょう。

7日(月)にかけて記録的な大雨 1000ミリに達する所も

画像C

奄美地方は台風本体の発達した雨雲がかかり、九州南部も台風の接近前から太平洋側中心に活発な雨雲が発生し激しい雨が降っています。
九州は台風北上に伴いさらに雨が強まり、記録的な大雨になるでしょう。特に、宮崎県など九州の太平洋側では、7日(月)にかけて総雨量が1000ミリに達するおそれもあります。

大きな高潮に警戒を

画像D

潮位が高い時期に、非常に強い勢力で台風が接近するため、大きな気圧の低下による吸い上げ効果と暴風による吹き寄せ効果で、高潮が発生するおそれがあります。特に、南に開いた八代海や有明海、鹿児島県の錦江湾は、海水が南よりの猛烈な風で吹き寄せられて、大きな高潮が起こりやすくなることが考えられます。また、台風の接近時は満潮時刻以外でも高潮が発生するおそれがあります。沿岸や河口付近の低い場所は急激な潮位の上昇による浸水や冠水に警戒が必要です。

暴風域に入る前に

非常に強い台風10号がもたらす暴風や大雨、高潮、高波により、河川が氾濫したり、大規模な土砂災害、浸水、倒木、一部の住宅倒壊などの甚大な災害が発生するおそれがあります。
長時間の停電や断水なども想定されますので、懐中電灯、携帯ラジオ、電池の準備、携帯電話の充電器、数日分の食料品や水など各自必要な物を準備をしておきましょう。
特に暴風域に入ると風雨が強まり、外にでるのが困難になります。暴風域に入る前に、身の安全を確保できる所へ移動しておきましょう。土砂災害や洪水、高潮の危険がある地域ではためらわずに避難を行って下さい。そして、暴風域に入ったら、安全な場所で台風の通過を待ちましょう。見回りや修理をしようと、決して外に出ないようにしましょう。