台風10号は九州から次第に離れますが、暴風域が広いためピークが過ぎても暴風や高波、高潮、大雨に厳重な警戒を。台風から離れた地域でも大雨が続きそう。

午前中は広い範囲で暴風に

画像A

台風10号は、大型で非常に強い勢力を保ったまま、九州の西の海上を北上しています。
きょう(7日)午前6時には、長崎県対馬市の南西約40キロの海上を、1時間に約40キロの速さで北へ進んでいるとみられます。中心気圧は945hPa、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。九州北部と中国地方の一部が風速25メートル以上の暴風域に入っています。
今後も北上を続け、午前中にも朝鮮半島に上陸するおそれがあります。日本付近からは離れていきますが、昼頃にかけては九州や中国地方では暴風域に入る所があるため、外に出るのは危険です。九州ではトラックが横転するくらいの猛烈な風の吹く所もあるでしょう。引き続き、暴風に厳重な警戒をして下さい。また西日本を中心に風速15メートル以上の強風域に入るため、沿岸の地域を中心に南よりの風が強く吹きそうです。

台風離れても 警戒を

海上は沖縄や九州から東海で波の高い状態が続くでしょう。潮位が高くなり、海岸や河口付近の低い所では浸水や冠水のおそれがあります。引き続き高波や高潮にも厳重に警戒して下さい。
大雨も続きます。日本付近は暖かく湿った空気の流れ込みが続くため、四国や東海など太平洋側を中心にさらに雨の量が増えそうです。
台風が最接近している九州北部では、あと2〜3時間は猛烈な雨の降る所があるでしょう。台風から離れている四国から関東甲信の太平洋側でも、局地的に滝のような非常に激しい雨が降りそうです。特に東から南の斜面を中心に雨の量が多くなるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫に厳重に警戒して下さい。

風・波・雨の予想

画像C

沖縄は晴れますが、波の高さは5メートルとしけるでしょう。また関東甲信はあす(8日)朝までの24時間に降る雨の量は、多い所で200ミリと予想されています。台風のピークが過ぎても、広い範囲で影響が残りそうです。最新の情報を確認して、安全にお過ごし下さい。