大型で強い台風10号は、九州から次第に離れていますが、九州北部は沿岸海上を中心に夕方にかけて吹き返しの暴風が吹くおそれがありますので、引き続き警戒して下さい。また、大雨の峠は越えましたが、これまでの雨量が宮崎県の多い所では600ミリ近くになるなど、地盤が緩んでいる所がありますので土砂災害にももうしばらく警戒が必要です。

台風は離れるが、夕方かけて暴風警戒

大型で強い台風10号は、正午現在、朝鮮半島東岸付近を速度を上げながら北上しているものとみられます。九州北部は全域で暴風域から抜けました。
ただ、九州北部は吹き返しの南風が強く、陸上は昼過ぎまで、海上は夕方にかけて暴風が吹くおそれがありますので、もうしばらく警戒して下さい。
7日これまでの最大瞬間風速は、長崎県は長崎市野母崎で59.4メートル、対馬市鰐浦48.9メートル、対馬空港44.2メートル、福岡県は福岡空港39.1メートルなど、九州北部の所々で観測史上1位の記録となりました。

宮崎県は600ミリ近い雨 土砂災害に警戒

画像B

台風10号は次第に離れますが、台風の湿った空気の影響で、きょう7日(月)も大気の状態が不安定で所々で一時雨や雷雨になる見込みです。
台風10号の北上に伴い広い範囲で大雨となり、5日の降り始めからきょう午前11時までの雨量は宮崎県美郷町南郷で599.0ミリ、宮崎県えびの高原で581.5ミリなど、600ミリ近く降りました。
このため、宮崎県や大分県、鹿児島県、熊本県、長崎県を中心に地盤が緩み、土砂災害の危険が高くなっている所があります。大雨の峠は越えましたが、少しの雨でも土砂災害に警戒が必要です。