きょう10日(木)は本州付近に前線がのび、関東地方は大気の状態が非常に不安定になっています。あちらこちらで、雨や雷雨になっていて、局地的に滝のような非常に激しい雨が降っています。この前線が11日(金)から13日(日)にかけて関東付近を南下し、小笠原近海にある熱帯低気圧が週末にかけて関東付近に近づく見込みです。

11日(金)の天気 北部から雨雲かかる

画像A

きょう10日(木)も前線が東北や北陸から九州付近に延び、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいます。関東は大気の状態が非常に不安定で、あちらこちらで激しい雨や雷雨になりました。茨城県下妻市では、午後1時までの1時間に40.5ミリの激しい雨が降りました。茨城県や千葉県では落雷を観測した所もあり、茨城県水戸市では、きょうも雷を観測し9月になってからの雷日数が6日目になりました。これは統計開始以来、9月上旬では最多の雷日数となりました。今夜も変わりやすい天気で、急な激しい雨や落雷に注意が必要です。
あす11日(金)は、秋雨前線が東北から関東北部付近まで南下してくる見込みです。
北部は夕方から雨が降り出し、カミナリが鳴って、バケツをひっくり返したような激しい雨が降る所もあるでしょう。南部も午後は大気の状態が不安定で、所々でにわか雨や雷雨があるでしょう。急な雨に備えて、雨具や雨に濡れたとき用にタオルなどを用意しておくと良さそうです。
最高気温はきょうと同じくらいの所が多く、30度から32度くらいでしょう。日差しの暑さはほとんどありませんが、湿度が高く、ムシムシと感じられそうです。湿度が高いと汗が蒸発しにくく、体に熱がこもりやすくなります。室内ではエアコンや扇風機をうまく使い、湿度のコントロールをすることも大事です。

12日(土)の天気 雨の降る量がさらに増える

画像B

12日(土)は、秋雨前線が関東付近をゆっくりと南下し、前線上には低気圧が発生する見込みです。さらに南からは熱帯低気圧が近づいてくるでしょう。関東には引き続き暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の不安定な状態が続くでしょう。また、前線が近づくため、雨の降る時間が長く、ザっと雨が強く降る所もありそうです。特に、千葉県や茨城県、栃木県は雨の通り道になって、次々と雨雲が流れ込んでくるでしょう。局地的にバケツをひっくり返したような激しい雨が降りそうです。
ただ、気温は朝からあまり上がらず、東より涼しい風に変わって、沿岸部を中心に強まる所があるでしょう。最高気温は30度を下回る所が多く、暑さは少し和らぎそうです。この雨を境に、秋らしさが少しずつ増していくでしょう。

13日(日)の天気 曇りや雨のすっきりしない天気

画像C

13日(日)は前線が関東の南岸まで南下し、前線上を低気圧が通過する見込みです。さらに、熱帯低気圧が関東の南まで北上してくる予想です。
雲が多く、スッキリしない天気が続くでしょう。午前中を中心に雨の降る所がありますので、早いお出かけには雨具が欠かせません。沿岸部では風の強まることもありそうです。
最高気温は30度前後の所が多く、極端に暑くなることはなさそうです。ただ、沿岸部を中心に日差しの出てくる所もありますので、動くと暑く感じるでしょう。
この先、来週も雲の多い天気が続きますので、洗濯物はこまめに片づけた方が良いでしょう。室内に干す際は、乾燥機を使ったり、扇風機などで風通しをよくすると乾きが早くなります。