九州付近には秋雨前線が現れています。あす12日(土)にかけて、九州付近は大気の状態が非常に不安定で、局地的に雷を伴い激しい雨が降るおそれがあります。来週も秋雨前線の影響を受けやすく曇りや雨の日が多く、秋雨シーズンとなるでしょう。この先は日中の厳しい残暑もやや収まり、秋めいてきそうです。

11日(金)、大分県や宮崎県で一時激しい雨

画像A

きょう11日(金)は、秋雨前線が九州北部付近に延びています。未明から明け方にかけて、1時間雨量が宮崎県日南市深瀬で58.5ミリ、鹿児島県志布志市53.5ミリ、宮崎県延岡市50.5ミリなど非常に激しい雨が降りました。
九州付近は上空に流れ込む寒気と、秋雨前線に向かって流れ込む湿った空気の影響で、大気の状態が非常に不安定になっています。所々で雨雲が発生し、大分県や宮崎県では局地的に雨雲が発達して一時激しい雨が降る見込みです。

12日(土)、秋雨前線活発化

あす12日(土)は、秋雨前線上に低気圧が発生し東シナ海を進むため、前線の活動が活発になるでしょう。九州の広い範囲で雨が降り、前線に近い九州北部は雷を伴い一時バケツをひっくり返したような激しい雨が降るおそれがあります。雨の降り方に注意が必要です。
また、発達した積乱雲の下では、落雷や竜巻など激しい突風にもご注意下さい。
13日(日)も秋雨前線は九州付近に停滞し、初め雨が降りますが、前線の活動は次第に弱まる見込みです。

来週もぐずついた天気

来週14日(月)から15日(火)は、前線は弱まりいったん晴れ間がでますが、16日(水)以降は再び秋雨前線の影響を受けて、雨が降りやすくなるでしょう。また、秋雨前線の影響で日差しが少なくなり、日中の厳しい残暑も収まって、秋めいてきそうです