きょう11日、関東地方も大気の状態が非常に不安定になっています。東京都心や千葉県を中心に所々で雨雲が発達しています。

発達した雨雲

画像A

きょう11日、秋雨前線が西日本から北日本にかけて延びています。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込む一方で、日本付近の上空約6000メートルには氷点下6度以下の寒気が流れ込んでいます。このため、関東地方も大気の状態が非常に不安定とっています。
午前11時15分現在、雨雲レーダーを見ると、東京都心や千葉県を中心に所々に雨雲がかかり、ピンク色や赤色で示される激しい雨を降らせるような発達した雨雲も見られます。

あす12日にかけて大気の状態が非常に不安定

画像B

関東地方では、あす12日にかけて、大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。雷を伴って激しい雨や局地的には非常に激しい雨が降り、大雨となる所がありそうです。
土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒・注意してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。雨雲レーダーなどをチェックし、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するようにしましょう。