あす14日(月)にかけて東北を中心に大雨の恐れがあります。秋雨前線の影響が続くと思いきや、19日(土)からの4連休は、大陸からの乾いた空気が本州付近を覆う可能性が出てきました。

14日(月)にかけて東北を中心に大雨の恐れ

画像A

14日(月)にかけて、オホーツク海に中心を持つ高気圧の勢力は強く、日本海の低気圧は、動きが遅いでしょう。低気圧から延びる寒冷前線が、14日(月)朝にかけて関東付近を通過する見込みです。このため、東海から東北にかけて発達した雨雲がかかるでしょう。
通常、オホーツク海に中心を持つ高気圧のふちを回って、東の海上から流れ込む湿った空気は、冷たい空気ですが、現在、日本の東の海面水温は、平年より3℃ほど高くなっているため、比較的暖かい空気が流れ込むことになります。暖かい空気は、海面から雨雲の元である水蒸気をたっぷり含みます。

画像B

寒冷前線が通過した後も、東北の太平洋側では、オホーツク海に中心を持つ高気圧と新たに発生する三陸沖の低気圧の間にあたり、東風が吹きつけます。この低気圧は動きが遅く、同じような所に雨雲がかかり続け、雨量が多くなるでしょう。東北北部の日本海側や北海道の道南も、日本海の動きが遅い低気圧に流れ込む湿った空気の影響で、雨雲がかかり続ける所がある見込みです。
14日(月)にかけて、発達した雨雲がかかる地域や雨雲がかかり続ける地域では、カミナリを伴った非常に激しい雨が降り、大雨になる恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒して下さい。発達した積乱雲の下では、竜巻などの激しい突風や雹(ひょう)にも注意が必要です。

15日(火)〜18日(金) 秋の空気は一時的

15日(火)は、大陸からの乾いた空気が西日本付近を覆うでしょう。九州から関東を中心に晴れる見込みです。東北と北海道は湿った空気の影響で、曇りや雨の天気が続くでしょう。
16日(水)は、大陸から九州付近に前線が延び、九州から天気は下り坂に向かいます。17日(木)から18日(金)にかけて、寒冷前線が本州付近を通過し、寒冷前線が通過したあとは、本州付近に秋雨前線が停滞するようになります。全国的に雨が降りやすいでしょう。

19日(土)からの4連休 秋雨前線の動向によって予報は大きく変わる

19日(土)から、今のところの資料で、秋雨前線は次第に本州の南まで下さがり、連休明けの23日(水)頃にかけて、大陸の乾いた空気が本州付近を覆う可能性がでてきました。このような場合は、九州から東北では、秋晴れが数日続きます。北海道では気圧の谷や湿った空気の影響を受けやすく、曇りや雨のくずついた天気が続く所が多いでしょう。
ただ、予報には大きな幅があります。秋雨前線が南下することなく、本州付近に停滞すると、広く秋雨が続くでしょう。22日(火)秋分の日頃は、気圧の谷が本州付近に接近、通過し、前線の活動が活発になる、あるいは前線上に低気圧が発生する可能性もあります。このような場合は、雨量が多くなったり、低気圧が発達すると風が強まったりすることがあります。
先の予報ほど秋雨前線の動向が定まらず、大きく変わる可能性があります。最新の気象情報をご確認下さい。