今夜からあす朝にかけては気温が下がりやすくなるでしょう。
名古屋ではこの秋初めての20度以下となる見込みです。

14日夜から15日にかけての気温の見通し

画像A

15日朝の最低気温は、名古屋19度、岐阜と津で20度、静岡21度の予想です。
14日と同じか1〜2度低くなるでしょう。
名古屋では、7月13日以来、約2か月ぶりに気温が20度以下となる見込みです。
15日の最高気温は、各地で30度くらいの予想です。
真夏日になる所が多いでしょう。
湿度は低めでからっとした暑さになる見込みです。

なぜ15日朝、気温が下がる?

画像B

14日夜から15日朝にかけて晴れるためです。
太陽から熱の供給がなくなる夜間に、上空に雲がないと、地表面から放出された熱が宇宙空間へ逃げやすくなり、気温が下がりやすくなります。
このため、15日朝にかけては気温が下がりやすくなるのです。

14日夜から15日の天気

画像C

15日昼ごろにかけておおむね晴れるでしょう。
15日午後は、静岡県では雲が広がりやすくなり、雨の降る所もありそうです。
そのほかの地域は、15日午後も大体晴れるでしょう。
14日夜にかけて沿岸部を中心に西寄りの風がやや強く吹く見通しです。
静岡県沖では、14日夜にかけて波がやや高くなるでしょう。
15日は風・波ともに比較的穏やかな見込みです。

東海地方の10日間予報

画像D

天気は数日の周期で変わるでしょう。
17日木曜日から19日土曜日は雨が降る見込みです。
21日敬老の日と22日秋分の日は晴れるでしょう。
23日以降は再び天気が下り坂になる見込みです。
気温は平年並みの日が多いでしょう。