あさって18日(金)は広い範囲で雨が降り、北部の日本海側を中心に局地的に雨量が多くなる恐れがあります。土砂災害などに注意が必要です。また、あさって18日(金)にかけては最高気温が30度以上の真夏日になる所があり、熱中症対策が必要です。ただ、4連休中は秋の空気に入れ替わり、日中も25度に届かない所が多くなりそうです。

18日(金) 秋田県を中心に50ミリ以上の雨が降るおそれ

画像A

あさって18日(金)は前線を伴った低気圧が発達しながら北日本へ近づいてくるでしょう。前線や低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、低気圧や前線周辺では局地的に雨雲が発達しそうです。東北では前線が通過する明け方から朝にかけて、青森県の津軽地方や秋田県を中心に雷を伴ってザッと雨脚の強まる所がある見込みです。通勤・通学の時間帯は路面状況や見通しが悪くなる恐れがあるため、外出の際は時間にゆとりをお持ちになって下さい。また、秋田県を中心に局地的には50ミリ以上のまとまった雨となる恐れもあり、今後の気象情報に注意が必要です。

〜18日(金) 宮城県、秋田県、山形県、福島県では熱中症に厳重警戒

画像B

あさって18日(金)にかけては秋雨前線が北上し、南から暖かい空気が流れ込むでしょう。夏の空気が優勢となるため、雲が多いものの、日中は気温が高くなりそうです。最高気温が30度以上の真夏日になる所があり、湿度も高めで蒸し暑くなるでしょう。熱中症に厳重警戒が必要な地点がありますので、こまめな水分・塩分補給を心掛け、適度に休憩も取るようにしましょう。

4連休 お墓参りなど22日秋分の日がオススメ

19日(土)は彼岸の入りで、25日(金)にかけて秋のお彼岸となります。4連休はお墓参りなど外出のご予定のある方も多いかもしれません。4連休中の天気は、19日(土)から21日(月)敬老の日にかけては前線や湿った空気の影響で雨の降る所が多いでしょう。ただ、前線は次第に南へ下がるため、22日(火)秋分の日は晴れ間の出る所が多い見込みです。この先、予報が変わる可能性があるものの、4連休のお墓参りなどは連休最終日の22日(火)がよさそうです。なお、19日(土)以降は秋の空気が流れ込み、日中は暑さが和らぐ見込みです。長袖シャツやカーディガンなど秋物は早めに準備しておきましょう。