メイン画像

北陸地方はこれからあす18日(金)にかけて、前線の影響で広く雨が降り、雷を伴って激しく降る所もある見込みです。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。

あす昼前にかけて雨脚が強まる

画像A

今夜は前線が、北陸地方まで北上する見込みです。その後、前線は19日(土)にかけて南下するでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、北陸地方はあす18日(金)にかけて大気の状態が非常に不安定となる見込みです。
北陸地方はきょう夕方から雨が降り出していて、福井県から新潟県上越を中心に発達した雨雲のかかっている所があります。この後、雨の範囲が広がり、あす18日(金)昼前にかけて、北陸地方の広い範囲で雨脚の強まる所があるでしょう。雷を伴って1時間に30ミリの激しい雨の降る所もありそうです。「激しい雨」とは、バケツをひっくり返したように降り、傘をさしていてもぬれてしまうような雨です。通勤、通学の時間帯には雨脚の強まる所もありそうです。大きめの傘とタオルを用意して、時間に余裕をもってお出かけください。

予想される雨の量は?

画像B

予想される24時間降水量は、17日(木)18時から18日(金)18時までは、多い所で120ミリでしょう。その後、18日(金)18時から19日(土)18時までは、新潟県と富山県で50ミリから100ミリ、石川県と福井県でおよそ50ミリの見込みです。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意・警戒し、落雷、竜巻などの激しい突風にも注意してください。また、気象情報や自治体から発表される防災情報を、こまめに確認するようにしてください。